Pocket

≪こちらは、てみやげコンシェルジュデスクです。
当デスクが、より厳選したお菓子をご紹介いたします。≫

pixta_1445751_S (2)

銀座6丁目、並木通りにこちらのお店はあります。
明治17年、上野の池の端で創業。戦災で焼失後、昭和24年に現在の地に。

こちらのお菓子はすべて銀座のお店で作られているとのこと。空也もなかは早い時間に行かないと売り切れてしまうので、確実に手に入れたければ予約必至。配送を行っていないので、お店に行かなければ買えないところがまた、特別感をプラスします。

素材にこだわった逸品。添加物や保存料は使っていません。
一週間くらい日持ちのするもなかは、つくられた初日と数日たってからでは味わいが変わってきます。どちらもおいしいですが、すこし寝かせて、餡の表面がさくっとした歯ざわりに変わってきたころのお味を楽しむのも、こちらの商品ならでは。

ちなみにこちらのお店の冬季限定の商品、「空也餅」は「夏目漱石の吾輩は猫である」にも登場しています。

文化人にも愛される老舗の味を一度ぜひ。