Pocket

≪こちらは、てみやげコンシェルジュデスクです。
当デスクが、より厳選したお菓子をご紹介いたします。≫

pixta_1445751_S (2)

今回は、【紫野和久傳 西湖】です。

紫野和久傳のはじまりは明治3年、丹後で始められた旅館がきっかけ。
その後、京都に遷り、「都にあって洗練した野趣を味わう」和久傳の料理を確立。
料亭の味をご家庭でも、という発想で発展してきました。

現在は料亭のほか、森を育てたり、こどものための塾を開いたり、
和紙の美しい装丁の、さまざまな文化を伝えるような冊子を発行したり、多彩な活動をされています。

そんな和久傳の看板商品の生菓子が西湖(せいこ)。
名前の元になった西湖は蓮の花が美しく咲く湖。

蓮の根のでんぷんと、和三盆でつくられています。
ぷるぷるとした歯ざわりの、笹の葉で巻かれたお菓子はひとつひとつが手作りです。

和久傳の商品が購入できるお店は
京都・東京・大阪・名古屋など。

ていねいに作られた、つるんとしたのどごしの西湖を
本当に大切な方と味わってください。